待機児童問題解消のためには保育士の給料改善が急務

小学生の女の子に将来ないりたい職業を聞くと、必ず上位にランクインする職業が、幼稚園の先生又は保育士です。

自分が通った幼稚園や保育園の先生に憧れてというのが第一の理由でしょう。
そんな女の子憧れの職業なのに、現場の現実は厳しいものです。
夢かなえて保育士になっても、仕事の過酷さやそれに見合わない給料の低さに退職していくケースが後を絶ちません。保育士の給料は、市立保育園に勤める公務員と私立保育園に勤めるのとでは大きく違います。

公務員でも正規雇用の場合と非正規雇用では格差があります。パート雇用の場合も安い時給でほとんど昇給もなく働き続けているのが現状です。

地方のパート職員の場合、時給750~800円位の自治体もあります。

資格があり、短大卒以上という条件で雇用されて、コンビニのアルバイトの高校生と同程度の時給なのです。


20年30年勤務のベテランの方で、主任を任されていても、新卒の新入社員と同程度又はそれ以下のこともあります。

初めてでもわかりやすい、保育士の求人の分かりやすい情報はこちらです。

給料が安いとよく話題になる介護職より平均月収はさらに安いのです。

あなたに合った条件で保育園の求人を知りたいならこちらです。

待機児童問題解消のためには、保育園と保育士の不足をなんとかしなくてはなりません。


質の良い保育のためには、良い環境を整えることと良い人材の確保が絶対条件です。

給料が原因で職を離れることがないように、又資格を持ちながら給料が原因で保育士になることをためらうことがないように、平均水準の引き上げが急がれます。


そのためには、国や地方自治体の援助が必要なのです。